心が沈みがちな秋にもアロマトリートメントをおすすめします


【気持ちが落ち込みやすい】【胃腸の調子がすぐれない】といった症状、秋になると感じやすくありませんか?

【気持ちが落ち込みやすい】

夏が去って涼しくなり秋が深まってくると、なんだか物悲しく気持ちが沈みやすくなります。

それは、日照時間や気温といった自然の変化が、私たちの身体に大きく影響しています。

日が短くなることで、精神安定に必要な神経伝達物質「セロトニン」の減少が起こります。

そして、一日ごとに下がる気温、急激な気温差などによって体温調節がついてゆかずに自律神経にも影響を及ぼします。

【胃腸の調子がすぐれない】

身体が寒い季節に向けて変化していく秋は、腎臓への負担が増えはじめます。

汗をかける夏には、身体の老廃物排出を皮膚からもおこなうことができていましたが、寒くなりそれが出来なくなったぶん、腎臓はフル稼働となります。

その影響で胃腸の働きも鈍くなりやすいです。

逆に、鈍くなりがちなぶん、胃酸の分泌が活発になり食欲旺盛になってしまう場合もあります。

***

そういった理由から、【気持ちが落ち込みやすい】【胃腸の調子がすぐれない】といった秋の身体の変化は、当然の事ともいえます。

この変化を上手に乗りきり、寒い冬の身体へとスムーズに変化したいですね。

それにはやはり、よく言われることですが、適度な運動と十分な睡眠、バランスのとれた食事は身体や精神面に対してもとても大事なことです。

そして、お風呂に入浴して身体の芯まで温め汗をかくことも、身体をいたわることにつながります。

SUZURANで現在ご利用いただけるSeasonal Menu はまさに、今の季節の不調に対応したアロマトリートメントを受けていただけます。

なにより、人の手によるタッチングは、「オキシトシン」という精神安定に関わる神経伝達物質(別名:幸せホルモン)が分泌されるといわれています。

アロマトリートメントによる深いリラクセーションを是非一度ご体験ください。