出来たことを数えよう!ダラダラ過ごしてしまった自分を責めないために「出来たこと日記」のすすめ


あーー今日もダラダラ過ごしちゃったなぁ

あれもこれもやろうと思ってたんだけど・・・

特に時間がある分こんな罪悪感で1日を終えていませんか?

外出自粛中に限らず、普段の休日でも私は良くあるんです。

日本人って諸外国に比べて、特に自己肯定感の低い国民性。

すぐに自分を責めてしまう傾向があるんですね。

でもダラダラしてしまった1日も、充実した1日も、終わってしまえばもう取戻せない。

それなら少しでも気持ちよく眠りにつきたいものです。

そこで、私はだいぶ前から手帳のマンスリーカレンダーに

「出来たこと日記」

を付けています。

少しでも気持ちよく1日を終えるために。

コツは・・・

・たくさん文章を書こうとせず1単語で

・ほんの些細な事でも書く

以上です。

例えば本を数ページでも読んだら「本のタイトルと読み終えたページ数」を書くとか、「お風呂掃除」をしたとか、ホントに何でもいいんです。

何かの支払いをしたら、それを払うことが出来るだけ働いたことの証明でもありますから、「〇〇の支払い」とか、大きなことじゃなくてOK。

私は書くことのジャンルを決めていて、それについて何かしたら何でも書くようにしているのですが、このように「自分が取り組みたいこと」にフォーカスしてもいいですよ。

語学を習得したい方なら、勉強したテキストのページ数や、観た動画の数などなど。

少しでも語学に関係のあることに触れたら何でも書いてみて下さい。

更にこれが習慣ずくと、ここにもっと書きたくなってあともう少しやろうかなという気持ちになることもあります。

もちろんそうならなくても責めない!

こうやって

出来なかったことを数えるのではなく

出来たことを数える

習慣をつけて、少しでも気持ちよくお布団に入りましょう!