第3のミルクとそのメリットについて



“第3のミルク”というものをご存知でしょうか。

まず牛乳が第一のミルク、次に豆乳が第二のミルクと呼ばれており、ここまでは昔から馴染みのある飲料かと思います。



今非常に健康意識の高い方々などから人気が上昇し、定着しつつあるものがナッツ類や穀物から獲れる“第3のミルク”です。

一番定着しつつあるものはアーモンドミルクではないかと思います。そのまま飲んでも美味しいですし、コーヒーに入れればふんわりとナッツの香りが漂ってフレーバーコーヒーに。その他スムージーに混ぜたり、お料理に入れてコクを出したり。また、日本では見かけませんがカシューナッツミルクなども海外ではあるようです。

穀物系はどうでしょうか。

一番よく知られているものとしてはお米を原料とするライスミルクでしょうか。その他玄米やオート麦、大麦を原料としたものなどが販売されています。どれもやさしい甘さだったり、麦系のものはほんのり香ばしさもあったりします。

その他の植物系のミルクではおなじみのココナッツミルクです。甘くデザートとして、またタイカレーなどのお料理に入れても美味しいですよね。



第3のミルクのメリットとは何でしょう。

1)乳糖不耐症の方でも飲める。ラクトースが含まれていないので牛乳でお腹がゴロゴロしてしまう方でも安心して飲むことができます。

2)とにかくヘルシー! 植物性の為コレステロールも含まれず、カロリーも牛乳より断然低いです。またビタミンや食物繊維が非常に豊富なのでダイエット中の方にも適しています。

特に手軽に手に入るアーモンドミルクには筋肉をつくるタンパク質、血流を良くして抗酸化作用の高いビタミンE、便秘を防ぐ食物繊維、悪玉コレステロールを下げるオレイン酸が含まれていますので美容と健康を気にする方には最適です。

3)牛乳や大豆アレルギーがあっても安心※ナッツやその他穀物アレルギーのある方はご注意下さい。

4)ヴィーガンの方でも安心。動物性のものを摂取する事を避けている方でもミルクの代用として食事のレパートリーが広がります。

世の中健康に対する意識が高まりこれら“第3のミルク”も自然と生活に入ってくるようになりました。ただ単に健康の為だけではなく、味も美味しいという部分がポイントです。これまであまり興味のなかった方も是非トライしてみてください!