本当は寒い冬こそダイエットに最適!?やるなら今!


え?秋冬は太りやすいんじゃないの?

と思われた方、たくさんいらっしゃったかもしれませんね。

実際「秋冬に太った分を春夏で何とか元に戻す」なんてお話もよく聞かれます。

まず何故秋冬になると太ってしまう人が多いのでしょうか?

ちょっと考えてみてください。

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

どうですか?

秋冬になると太る原因として考えられるのは・・・



・飲食を伴うイベントが多い


秋は収穫の秋!食べ物がおいしい時期を経て、X’masや忘年会・新年会と目白押し





・寒くて活動量が減りがち

お正月休みもありますし、寒いので外に出たくないですよね







が最も多く上がるご意見かと思います。

この辺は予想通りでしょうか?

では春夏と同じ量の飲食をして、同じだけの活動量だったとしたら?

と考えてみて下さい。

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

この条件が一緒だとしたら、他に最も異なる条件は

『気温』

だと思いませんか?

冬はとても下がります。


昨日は関東でも初雪が降ったほどの冷え込みでしたし、今日も10℃を切る寒さです。

さて私たちの『体温』は如何でしょうか?

冬になると下がりますか?

人間は「恒温動物」ですから、健康であればある一定の体温を保っています。

例えば通常の体温を36.5℃と仮定した場合、夏場気温30℃の中にいるのと、冬場気温5℃の中にいるのとでは、体温を保つためにはどちらがよりエネルギーを必要とするでしょうか?


もうお分かりですね^^

そう!冬は「基礎代謝量」が多くなるのです。

基礎代謝量とはじっとしていても生命を維持するために必要なエネルギーのことです。

なので寒い中体温を一定に保つためエネルギーを消費しやすい環境と言えます。


ですが一方でこの時期寒さで運動不足になり「活動代謝量」が落ち、忘年会などで摂取エネルギーが増大すると、せっかく上がった基礎代謝量分が相殺され、更にはプラスになると太ってしまうという仕組みです。


そして活動代謝量が落ちてしまうと、筋肉量も減ってしまいますよね。

その結果基礎代謝量も下がってしまうというスパイラルに><;

じゃあどうしたらいいの!?

太りたくないのに!痩せたいのに!

と思われるかもしれませんが、一日の中で厳しいノルマを課してしまうと、ちょっと苦しいこの時期ですから、例えば3日間・1週間などと期間を決めて、その中で飲食量や運動量を調整してみてはいかがでしょうか?


春夏と同じように過ごしていたら、本当は痩せやすいこの時期なのです。

この点を頭の片隅に置いて、頑張ってください!