日常を楽しむ その2:植物との触れ合い vol.1


普段の私たちの『日常』を、『楽しむ』視点から視てみよう。

そんな視点から、『日常を楽しむ』として、いくつかの話題を取り上げさせて頂きたいと思います。

第2回の本日は、『植物との触れ合い』です。

植物の動きや変化はゆっくりです。

でも、その変化は一日の太陽の動きや、季節、周りの環境からの影響など、たおやかでありながら、自然のリズムに沿いながら、確実に行われていきます。

日々の暮らしの中で植物と触れ合い、その息吹を感じてみることで、自然のリズムを感じることができるのも、大きな楽しみです。

では、季節の植物たちの様子を、ちょっと観察してみましょう。

まずは、冒頭の写真。

家の庭に早くも咲き出したジャスミンです。

花はそんなに大きくないのに、濃厚な甘い香りでアピールしてくれるので、

「ああ、ジャスミンが咲き出したなあ」と気付きます。

まだまだ3分咲き。今年はつぼみもたくさん付いているので、しばらくはジャスミンの華やかな香りが楽しめそうです。



こちらは、クサイチゴ。

丈の低い草丈のきいちごです。

日本版のラズベリーのようなものかな。


こちらも只今花盛り。お花の横に咲き終わって実になる部分が熟すのを待っていますね。


5月から6月にかけて、赤くてジューシーな実を付けます。

でも、びっしりとついたトゲにご注意。バラ科ですからね。

可愛い花にはトゲがあるんです!



次にオオキバナカタバミ。

カタバミの一種で鮮やかな黄色い花をたくさんつけます。


実は、今我が家に咲き誇るこの花も、元はほんの小さな1株でした。

帰化種であるこの子は、本当に生命力が強く、どんどん繁殖します。


我が家では、7年程の間に植え替えもしないのに、庭中この花が咲き誇るようになりました。

靴の裏に付いたりして移動したみたい。

強すぎるのが悩みの種ですが、この時期、風に揺らされながら一面庭に咲き誇る姿は壮観です。



最後にこちらはクスノキ。

古くから防虫剤や仏像用木材に用いられるなど、日本でもよく見られる木です。


アロマテラピーでもカンファーの名前で利用されることもありますが、成分が強いので使用には注意が必要です。

この時期、くす若葉とも呼ばれる葉は、揉んでみるとすっきりとした爽やかな香りです。

生の葉っぱの香りは、精油よりも優しく繊細で爽やかな香りがします。

そこにふわっと、爽やかな甘い香りが。

木の上の方では、クスノキの花も咲き出したようです。


人がほとんどいない公園に、大きなクスノキから、風に乗って爽やかで甘い香りが広がり、とても清々しい気分にさせてもらいました。

さて、みなさまのお近くでは、植物たちはどんな表情でしょうか。