猛暑に備える!汗腺を鍛えて汗をかく練習をしよう


今年の夏はまた猛暑になるとの予想が出ているようですね。

昨今の真夏は気温35℃は当たり前!ここ数年ずっと猛暑のような・・・

と嘆いてばかりもいられませんので、皆さんが健やかに夏を乗り切れるよう是非今から取り組んで頂きたい「汗をかく練習」についてお話ししたいと思います。

まずなぜ人は汗をかくのでしょうか?

人間は「恒温動物」と言って、気温が高くても低くても基本体温は一定に保たれています。

この体温を保たれるシステムが狂ってしまうとそれはもう命に係わります。

皆さんも風邪をひいたりした際に、体温が1度でも上がるととっても辛いですよね。猛暑になったからと言って体温がぐんぐん上昇してしまったら大変です!

病気の際に体温が上がる仕組みについては今回は触れませんが、人間は生きていくうえで体温を一定に保つ機能は必要不可欠なものですよね。

その機能の一つとして「汗をかく」という働きが備わっています。

一般的に液体のものが気体になるときには周りから熱を奪っていきます。 この仕組みを利用して暑い夏はたくさん汗をかいて熱を体外に放出する必要があるんですね。

ですが、寒い冬の間に汗の出る「汗腺」の働きが少し鈍っています。

そのため急に暑くなると、適切に汗をかくことが出来ず熱中症になりやすいのです。更に梅雨時は湿度が高いのでかいた汗も蒸発しにくいことなども影響して熱中症のリスクは高まります。

ですから今から少し働きの鈍った汗腺を呼び起こし、汗をかく練習を始めておきましょう!

ウォーキングなどの運動を行うことは健康面からもおすすめですが、手軽にできる方法として入浴があります。

以前主に夏の入浴について、おすすめの入浴方法や入浴剤についてご紹介させていただきました。

入浴剤やエッセンシャルオイルで発汗作用を高めるのも更に効果的かと思います。

適切に汗をかくことはとても大切なことです。

自律神経を整えたり、入浴以外にも出来ることは様々ありますので、是非本格的な夏を迎える前に夏仕様の身体に向けて、出来ることを考えてみてくださいね。