冬から春の強い味方!ユーカリ精油


冬から春の花粉の時期にこそ

ユーカリ精油をお試しいただきたい!

その理由をご紹介していきます。

-----------------

ここ数日とにかく寒い日が続いていますよね。

そして太平洋側は特に空気が乾燥しています。

コロナウイルスに関して目を向けると

昨年から皆さん様々な対策をしてきたのに

緊急事態宣言も発令されて

もうこれ以上どうすれば><!

と思われている方も多いことと思います。

私もその一人です。

コロナウイルスだけでなく、

寒さと乾燥は呼吸器系トラブルを起こしやすい要因です。

ちょっと喉がイガイガするなーと思ったら早めのケアをしたいですよね。

そんなこの時期アロマセラピーを取り入れるなら

・ユーカリプタスグロブルス

・ユーカリプタスラディアータ

この2つのどちらかを断然おススメします。

もちろん両方とも手元に置いて頂いていても損はありません。

ユーカリの精油は・・・

様々な細菌やウイルスに対して、強い抗菌・抗ウイルス作用があり

炎症を抑えたり痛みを和らげる

咳を沈めたり、粘液(痰など)の排出を促し

免疫系を活性化してくれる

こんなデータが得られているんです。

古来から民間療法として、使われてきた歴史にも

頷けるものがあります。

「グロブルス」と「ラディアータ」では

だいぶ香りのインパクトが異なるかと思いますが

どちらかというとグロブルスの方が呼吸器の下の方(下気道)

ラディアータの方が呼吸器の下の方(下気道)へのケアに

向いているといわれています。

香りはラディアータの方がまろやかで

グロブルスの方が刺激が強めです。

一般的にユーカリの香りとして認知されているのは

グロブルスの方かと思います。

どちらかを選ぶなら、まずは香りのお好みで、

そしてどんな呼吸器トラブルを起こしやすいか・気になるのか

などを基準にしていただければと思います。

すっきりした香りはマスクスプレーに使っても

とても呼吸を楽にしてくれます。

花粉症の時期まで大活躍してくれるユーカリ精油を

是非日頃のヘルスケアに生かしてみて下さい。


関連記事

すべて表示