ネガティブな気持ちと上手につきあうには



仕事のこと、健康のこと、将来のこと・・・

ついつい考えてしまって、なんとなく心のバランスが取れなくなってしまう

先行きが見えない、コントロールができない事態に

将来のことを考えて不安になったり、

暗い気持ちになってしまうのは当然のことですよね。

とはいえ、ネガティブな気持ちはやはり苦しいもの。

少しでも辛い気持ちを和らげるためには

どのようにしたらよいのでしょうか。

1、思考と現実を分けて考える

テレビの報道を見て暗い気持ちになったり、

先々を考えて不安に襲われたりしている時

私たちは無意識のうちに自分でなんらかの解釈をしたり、

悪い結果を予測し、あたかもそれが現実であるかのように知覚しています。

例えば、「トイレットペーパーが不足している」という報道から、

食料がなくなるのではないか、ガソリンがなくなるのではないかと

はっきりとした根拠のないまま悪い結果を予測してしまうことです。

「景気が悪くなっている」という話を聴くと、

ネットで業績悪化の情報を検索しはじめ

世の中すべてがそうであるように認識して悲観的になってしまうなどです。

確かに現実的にこのようなことが起こりかねないと思えるほど

不確かな世の中ではありますが、

ネガティブな情報ばかりに着目していては

どんどん不安や落ち込みが増すばかりです。

そんな時だからこそ、

自分自身のなかでしっかり情報を吟味し

過剰な解釈をしていないか現実検討していく必要があるでしょう。

2、ハードルを下げて生活する

一方で、ショックに感じる出来事から

心が沈み落ち込んでしまうというのは、

人間としてごく自然な感情です。

そういった時には

落ち込んでいる気持ちを否定するのではなく、

「こんなことがあったら、気が重くなるのも仕方ない」

と、ありのままの気持ちを容認してあげましょう。

無理に取り除こうとせず、抱えながら

粛々と目の前のことをやっていく。

全体的に気持ちがあがらない中で生活しているわけですから、

思うように物事がはかどらないこともあるでしょう。

それも人として当たり前に起きうることです。

そのような状態もまた、

ありのまま容認し

上手くいかない自分を丸ごと許して受け入れていくことが大切です。

そして、ハードルを低くして

できることに一つ一つ着手してゆけばよいのです。

3、感情を受け入れる

不安になったり、落ち込んだりすることは

決して悪いことではありません。

ネガティブな感情は、本来的には

私達が危険から身を守るための防衛本能から生じるものです。

不安を感じることで私達は、

将来の危険な事態に備えて準備を整えたり

それを回避する方法を考えたりすることができるのです。

落ち込んで、少しの間活動を抑えることで

次に活動ができるためのエネルギーを蓄えることができるのです。

ですから、不安が生じた時には

それをすぐさま「よくない反応だ」と捉えてしまうのではなく、

「あ、不安になっているな」

くらいに思って、

まずは自分のありのままの状態として受け止めてみましょう。

「上手く付き合っていこう」と考えることです。

反対に、

不安を遠ざけようとすればするほど

不安であること自体が耐えがたいストレスになってしまう

ということがよくあります。

そうなると、不安なことにばかり注意が向いてしまって

ますます不安が増し、その状態が更なるストレスとなる

といった悪循環になりかねません。

ネガティブな感情は、あなたの‘敵’ではなく

あなたに危険を知らせてくれる‘味方’なのだ

と考えると、少しは気持ちが楽になるかもしれませんね。

4、上手に相談する

一人で抱えていると、

思考が現実味を帯びてきて

頭の中で作り上げた妄想と実際に起きていること

の区別が難しくなることがあります。

辛い気持ちを当然と分かっていても、

誰かと分かち合うことで軽くなったり

ネガティブな感情自体はどうしようもなくとも、

他人に話すことで客観視ができ、

少しずつ受け入れられるようになることもあります。

SNS、ネットなどを利用して、人とつながることを意識してみましょう。

暖かなメッセージを送ってくださっている方もたくさんいます。

また、時には専門家にも頼ってみてください。

今はオンラインサービスも増えてアクセスがしやすくなっています。

助けを求めるチカラはとても大切です。

自分が元気になる情報を探して、

そういうものに目を向けていくことも

心のバランスをとるうえで大事なことです。

日々のちいさな感謝、幸せ探し

といったこともこころがけてみてくださいね。

~アロマセラピストからのプチ情報~

ネガティブな気持ちの時にも

アロマはあなたの頼もしい味方となります。

なぜなら香りは、

感情や情動を司る脳へ素早く働きかけ

考えるよりも先に心や身体をうごかすから。

お好きなアロマを

集中して嗅いでみてください。

不安なことでいっぱいになっている頭の中が

ゆっくりとほぐれて

状況を整理する余裕が生まれることでしょう。

もしも

好きなアロマがわからなければ

「オレンジスイート」はいかがでしょうか。

思考を柔軟にして明るい気持ちを呼び覚まします。


関連記事

すべて表示